ソープランド初体験の新社会人に贈るソープ完全攻略バイブル

ソープランドなんて怖くない!
なかなか勇気が出ずにモンモンと
妄想を広げる新社会人に贈る
ソープランド完全攻略バイブル

ソープ初心者が福原で遊ぶ方法は?

桜筋と柳筋の写真

福原といえば日本でも屈指のソープ街が形成されていて、とても長い歴史がある地域です。現在では60店舗近いソープランドが営業を続け、数に若干の変動はありつつも比較的安定してその歴史を積み重ね続けています。 営業している店のジャンルも幅広く、高級店から格安店まで、さらにその中でもコンセプトに特化したお店などもあり、どのような趣味にも対応出来る街として、多くの客が訪れているのです。

さて、そんな福原ですから、ソープランドに行ったことが無い男性がソープデビューするにはうってつけの土地と言えます。では、ソープ初心者が福原のソープランドで遊ぶにはどうすれば良いのかというと、最初はまずお店選びが重要です。

福原には多くの店がありますが、価格帯も幅広く安い所では1万円から高い所では7万円近くする所もあります。当然高い所の方が失敗することはありませんが、初めてならばいきなりそんな所へ行くよりもまず2万円~3万円のお店がちょうど良いでしょう。 時間も長すぎず短すぎずですし、サービスも過剰すぎず雑すぎずというレベルですから、安心して遊ぶことが出来ます。目当てのお店がどんな所なのかはインターネットで簡単に調べられますので、好きなお店を選び、前もって予約をしておくと当日に待ち時間無く遊ぶことが出来ます。

入浴料とサービス料

なお、ソープランドでは基本的に入浴料とサービス料が別になっていて、お店によっては入浴料しか記載していない所があります。福原のソープでは基本的に総額表示ではあるのですが、総額なのか入浴料のみなのかというのは、実際に電話をかけた時に確認してみると良いでしょう。

無事に予約をして遊ぶ当日になったら、福原へ向かいます。福原は、非常に立地が良く、阪神電気鉄道・阪急電鉄・神戸電鉄「新開地駅」から徒歩約5分、JR西日本「神戸駅」からでも徒歩約10分となっています。 店によっては最寄り駅である上記の駅からの送迎がありますので、あるならば利用しても良いでしょう。

しかし、福原町の一角に多くのソープランドが密集して営業しているので、殆ど迷うことは無いと思われますし、ある程度街中を見て回っておけば会話の種にもなりますし緊張をほぐすという意味でも駅から歩いていくというのが良いかもしれません。 お店に着いたら料金を支払い、あとはスタッフの方や女性の指示に従いつつ、サービスを受ければ良いだけです。女性と楽しく過ごすことを考え、相手を思いやる気持ちを持って接すれば必ず良いサービスで返してくれることでしょう。

ソープドキドキメモリアル

ポップに素人っぽい嬢と遊ぶなら雄琴『プルプルネクステージ』

雄琴は今回で10回目です。「ソープ街」は敷居が高くて近寄りがたいオーラを発散している印象ですが、ヘルスやエステ感覚で遊ぶことができるお店も雄琴にはあります。 インターネットで探していてたまたま見つけてハマったのが『プルプルネクステージ』今回で3回目です。

ちなみに探す際に活用したのが雄琴ソープガイドというサイトです。「雄琴 ソープ」と検索したところ出てきたのがこのサイトだったのですが、これが大当たり。店舗ごとの比較もすぐできるし何より見やすかったので、即お気に入りに入れてしまいました。

話が逸れたので、戻します。

ここはグループがデカくて関西一円に展開しています。こういうグループ系の風俗の特徴は女の子の在籍数の多さですが、ここも例外では無く、ネット公開しているだけでもかなりの数がいるようです。 ただ「素人っぽさ」を売りにしている感があり、評価は二分されます。実年齢だけでいうと大衆店~高級店まで若い子はいますが、自分の好みをいうと、あまり「礼儀」をわきまえている子は好きではありません。 20歳でもクラブで働くホステス並に卒のない接客をされると「商売」の2文字が頭に浮かんできて来てしまうのです。普段会社で私を「おじさん」扱いして、相手にされいような若い女子社員のような女性に イチモツを喰らわせることを「風俗遊び」の目的とする私にとってはプルプルネクステージの「放し飼い嬢」がたまらなく良いのです。(もちろん嬢により個人差がありますが)いわゆる「素人好き」というやつです。

今回の指名は21歳のH嬢。目隠し写メですが、気の強そうな目つきが気に入り予約しました。ちょっと「佐○木希」さん風です。お店は川筋通りの中程にあり、広い駐車場の奥にシンプルな建物がある(パチンコ屋)のような雰囲気です。 いつもの顔なじみの男性スタッフが暖かく迎え入れてくれ、ハキハキとして接客をしてくれます。店内もシンプルですが、福原辺りの店舗に比べると十分な広さがあります。

プルプルネクステージ

待合に通されると3人先客がいて座ってお茶をのみながらしばしの精神統一タイム。この店ではうらを返したことが無く、いつもネットで写真想像での指名ですので、この時間が最も期待感と不安が入り混じった独特な気持ちになります。 私がそうして待っている間にも2名新客は入ってきていました(平日なのに意外と人気店です)やっとこさ案内の声がかかりました。

エレベーターの方に案内されると指名のH嬢がお出迎えです。写真同様キツ目の顔立ちですが、意外とふんわりとした印象のある美人です。先ほどは佐○木希さん風と言いましたが、どちらかと言うと新垣○衣さんタイプでした。 エレベーターの中でDKですが、かなり濃厚な感じで高い身長から僕を見下ろしてのキスです。部屋に入ると急にテンションが上がったようでキャピキャピ接客が始まりました。

「どっから来たの?」とか「待たせてごめんね!」とか”タメ口”でした。でも性格はいいようで、ドリンクを出してくれた時にナデナデしてくれて軽い「幼児プレイ」をしてくれました。私はソープでもマットが苦手なので、その日も洗体だけで後はベッド。 長い足を広げてクンニして69。あとは「普通のセックス」をして3回発射。2回目からはサービスでNS中出しと嬉しいオプション付きでした。高評価の二重丸です。明るい男性スタッフに見送られながら大満足な80分31000円(指名料込み)でした。

京都駅からすぐ行ける!美容にもよいおごと温泉の魅力

滋賀県の琵琶湖付近にあり、1200年の歴史を誇る「おごと温泉」はアクセス面が非常に良好で、東京や京都、大阪など全国各地から観光客が絶えません。自動車でももちろん行けますが、電車でも京都駅から5駅目に「おごと温泉駅」が設置されておりますので、複雑な経路図を調べたりする必要はありません。 おごと温泉のお湯はアルカリ性イオンが多く含まれており、肌の表面の老廃物を溶解する効能があります。ですから、温泉に浸かった後の肌はゆでたまごのようにつるつるした感触が味わえ、ワンランク上の美肌を楽しめます。自然が生み出したお湯は人工的なピーリングとは異なり、皮膚への刺激も少ないので、敏感肌の方でも十二分に効能を実感できます。なお、リューマチや神経痛、捻挫などにも効果があるとされています。 また、おごと温泉の付近に並ぶ温泉旅館では、琵琶湖を眺望できる屋上に露天風呂を置いたり、ペットと一緒に宿泊できたりとさまざまな創意工夫を凝らした旅館が多く並びます。これだけでなく、岩盤浴やサウナ、湯の圧力でマッサージできる設備などもありますので、自身のニーズに合った旅館を探してみるのもおごと温泉を存分に楽しむためには必要不可欠な要素です。 広い琵琶湖と滋賀の街を一望できるおごと温泉は、都心からアクセスがしやすい面などで週末にちょっと軽く旅行してみる場所としては非常に優秀です。工夫が凝らされた温泉を存分に楽しみ、日常の疲れを癒しましょう。

京都駅から約20分!!

私の行きつけの高級ソープ、通い続けて早10年…!

私は52歳男性、30代の時に清掃会社立ち上げ、それ以来代表取締役として仕事一筋に生きてきました。いろんなものを犠牲にして仕事に生きてきたので、 社員2人で始めた会社も今や40人まで増え、まわりからはようやく中小企業と呼ばれるまでになりました。

ここまで来るのに道のりは本当に長かった…。そう思います。おかげで今の仕事にはとても満足しています。しかし、私には家族がいません。仕事ばかりしており恋愛をする余裕がなかったのです。 お見合いの話もあったのですが、どうせ結婚するなら恋愛結婚の方がいいと思っていたので断り続けていたら話も来なくなってしまいました。そしてとうとう50歳を超え、今日に至る…と言うわけです。

寂しくないのか?とよく聞かれますがそりゃ寂しいに決まっています。そんな時私は行きつけのソープランドに行きます。

そこは都内にある高級ソープランド。一回、90分で10万円近くかかります。しかし、家庭を持っていない私にとって女遊びをするにはちょうどいい金額です。

そのお店には、私のお気に入りの風俗嬢がいます。彼女は42歳のベテラン風俗嬢。出会った頃はまだ20代でした。その店に通い始めてからもう10年以上経つんですね…。 いつもその風俗嬢を指名して遊びます。彼女にとっても私は太い客なので心を込めてサービスしてくれます。

10年以上の付き合いになると、私の性感帯を知り尽くしているためプレイに対してあまりストレスは感じません。あるのはただ上質な快楽のみです。彼女の濃厚なフェラチオ、手コキ、アナルリップ…そして腰使いは相当なものです。私のムスコを刺激しまくり、52歳になった今でも90分で必ず2回は射精します。 プレイが終わった後、私は放心状態…。めちゃくちゃ気持ちが良いのです。10年以上そのお店に通い続けている理由はそこにあります。たまに部下を引き連れて行くのですが、皆大満足して帰ってきますよ。 今月はいつ行こうかな…と今から楽しみにしています。